たまりば

  地域と私・始めの一歩塾 地域と私・始めの一歩塾  三鷹市 三鷹市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
あや乃
あや乃
三鷹市&武蔵野市で、大学受験用の古文漢文専門塾を立ち上げました。

本業は、翻訳屋さんです。翻訳屋が古文の塾を開く!?
いきさつは、HPを御覧下さい。http://ayano-koten.wix.com/index# 

こちらは、主に「大学受験用」の情報を、流していくブログとしています。
そろそろ、受験の足音が聞こえ始めたような感じなので、週末ごとに記事をUPして行きたいと思います。参考になさって下さい。

古文ネタはhttp://blog.goo.ne.jp/ayano-koten 
主宰あや乃の日常は、http://ameblo.jp/fuyou1972/theme-10073939740.html も、
併せて、御覧になって下さいね。

2013年06月23日

三国志

三国志

「今の学生さんは、知らない」シリーズが続きますが、
私は何も「知らない」ことを責めているわけではなく、
「知らない」ことを前提に、
「どう補っていくのか」の方策を提案することによって、
皆さんの後押しをしたいだけなんです。

だから、どうか、学生の皆さんは、気を悪くしないで下さいね。

ところで、保護者の皆さん。
「ベルバラ」どころではなく、
さらにオソロシイことに、
昨今の学生さんは「三国志」を知りません。

うそでしょー(叫)という状況ですが、
本当に、
「曹操、劉備、関羽、張飛、孔明」と人物名を並べてみても、
・桃園の誓い
・三顧の礼
・赤壁の戦い
・泣いて馬謖を切る
・死せる孔明 生ける仲達を走らす
と、故事成語になって、日本語に入っているものを並べてみても、
学生さんは、「全く」御存じない。

「赤壁の戦い」で「レッドクリフ!」と反応した学生さんが、
一人いるのみです(彼女も、三国志の他のエピソードは知らない)

これがオソロシイ自体を招きかねないのは、
世界史というよりは、漢文かな。。。。

今のところ、漢文絡みで、三国志系の出典は、ほぼ見受けられません。
それは出題者の側が「知っている」と思っているからで、
受験者層全体で「知らない」のだとバレタ瞬間に、
雪崩を打ったように、出題してくる可能性があります。

私は、それが一番、コワい。
何しろ、エピソードだけで莫大にありますし、
エピソードとエピソードの繋ぎの部分だけでも、
問題は作れるわけです。

家庭教師先の高校2年生の漢文の教科書に、
十八史略に載っている「赤壁の戦い」の箇所が掲載されていて、
期末の範囲なので、
「とりあえず中身を確認しよう」と思い、TUTAYAに行ったら、
「レッドクリフ」は、全2巻のうち、1巻は貸し出し中。
2巻目は、「痛みが激しく、貸し出し不可」。

ここで引き下がるのも口惜しく、
「何かないかな。。。」と棚を見渡したら、
中国本土で、ドラマで三国志をやっている(やっていた?)らしく、
その日本語吹き替えバージョンがありました。
赤壁だけでDVD5巻。
私は、これを見ました。三国志Three Kingdoms というものです。

かなり、出来が良いものでしたので、
受験生の皆さんや、まだ受験が本格化する前の皆さんは、
どうかこの夏休みに、
レッドクリフでも、三国志Three Kingdomsでも、
小説でも、漫画でも、人形劇(NHKが昔やってました)でも、
何でも良いので、三国志全体のエピソードや人物関係を、
頭に入れておいてほしいなと思います。

なお、現在、テレビゲームがあるのでしょうか?
京王線のドアのところに、何かシールが張ってあります。
あれは、「三国志」という元ネタがあってのことで、
単独オリジナルではありません。
元ネタ知っておいた方が、ゲームそのものも楽しめると思いますよ。

最初が「ゲーム」でも構わないので、
保護者の皆さんには、「それ」をアカデミックにとは言いますが、
さらに別の形に、誘導していって頂きたいなと思います。

  • 同じカテゴリー(漢文)の記事
     湯島聖堂斯文会文化講座のお知らせ (2013-05-03 13:23)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    三国志
      コメント(0)